給料のために転職するのが悪いとは思いません

人材紹介会社といった人を企業に送り込む会社では、入社した人が予定していない期間で離職などの失敗があれば、自社の人気が悪くなる。だから企業の長所、短所正直に伝えているのだ。

正直に申し上げて就職活動のときには、自己分析(キャリアの棚卸)をしておくと強みになると言われてためしてみた。だけど、聞いた話とは違って全然役に立たなかったと聞いている。

「率直に内心を言ってしまうと、転職を決心した最大の要素は給料のためなんです。」こういったことが耳にします。ある外資系コンピュータ関係の企業の営業職をしていた30代男性の方のエピソードです。

基本的に、人材紹介会社というのは、本来は今の会社を辞めて転職を望んでいる人をターゲットにしたところだ。だから実務の経験がどんなに少なくても2~3年程度はないと相手にすらしてくれません。

就職面接試験の場で緊張せずに終わらせるという風になるためには、いっぱいの経験が欠かせません。だがしかし、面接試験の場数を十分に踏めていないと緊張するものです。

とうとう就職の準備段階から面接の局面まで、長い手順を踏んで内定が決まるまで迎えたのに、内々定のその後の取り組みを誤認しては振り出しに戻ってしまう。

結局、就職活動は、面接試験を受けるのも求職者であるあなたです。試験を受けるのも応募したあなたですが、困ったときには、他人に助言を求めることも良い結果に繋がります。

中途採用の場合は、「入社の希望があって、経験も得られそうな会社」なら、とりあえず就職したいものです。小さい会社でもいいのです。仕事上の「経験」と「履歴」を獲得できればよいのです。

面接の際留意してもらいたいのは、印象なのです。たった数十分程度の面接試験で、あなたの一部分しか把握できない。したがって、採否は面接のときの印象に影響されると断定できそうです。

ある日にわかに知らない企業から「ぜひ我が社に来てほしい」という話は、殆ど可能性はないでしょう。内定を数多く受けているタイプの人は、それだけ数多く不合格にもされているのです。

面接と言われるものには「計算」とは違って完全な正解がありませんから、いったいどこが高評価だったのかなどといった判断基準はそれぞれの企業で、同じ企業でも担当者によってかなり変化するのが実態だと言えます。

現在の会社よりも賃金や労働待遇がよい職場が見つかったような場合に、あなたがたも別の場所に転職したいと希望するのであれば、こだわらずに決断することも大事なものです。

自分の主張したい事を、巧みに相手に表現できず、たっぷり反省してきました。いまの時点からでも自分を省みての自己分析というものに長時間をかけるのは、既に間に合わないのでしょうか。

いわゆる自己分析をするような際の意識しなければならない所としては、観念的な表現をできるだけ使用しないことです。曖昧な記述では、採用担当者を感心させることはできないのです。

就職説明会から出席して、筆記によるテストや何度もの面接とステップを踏んでいきますが、このほかにも夏休みを利用してのインターンシップや同じ学校のOBを訪問したり、リクルーターと会う等の切り口もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です